2005/02/28

Safari利用者が増加? OneStat.comのブラウザ利用率調査から

蘭OneStat.comが28日、ブラウザ利用率調査の結果を発表した。Firefoxのシェアがひきつづき伸長して8.45%となる一方、IEの利用率は減少がつづいている、とのこと(といっても87.28%でいまだに独占的な地位にあることは間違いない)。
Mozilla's browsers global usage share is 8.45 percent according to OneStat.com:
Mozilla's browsers have a total global usage share of 8.45 percent. The total usage share of Mozilla increased more than 1 percent since Novermber 2004. Microsoft's Internet Explorer still dominates the global browser market with a global usage share of 87,28 percent which is 1.62 percent less as at the end of November 2004.
*今回からバージョンごとの比率が発表されなくなっている。

このリリース中、いまひとつ理解しがたいのが、"The global usage share of Apple's Safari has increased with 0.3 percent from 0.91 percent to 1.21 percent since Novermber 2004."の一節。Mac OS Xの純正ブラウザ「Safari」のシェアが0.3%も上昇した、というのだが、Macintosh本体が爆発的に売れるか、OS X 10.2以前からのOSバージョンアップが行われるくらいしかシェアの上昇する要素は考えられず、どうにも納得しかねる。どなたか有力な推論のある方はぜひご教示いただきたい。

なお、このブラウザ利用率調査の計測方法について簡単にまとめると次のとおりだ。
OneStat.comはウェブサイト(アクセス)解析ツールを提供しており、このツールは100カ国・5万以上のウェブサイトに導入されている。調査は100カ国それぞれに2万ユーザーを抽出し(計200万サンプル)、その利用ブラウザを集計したもので、1週間の平均値となっている。

2 Comments:

Anonymous 匿名 said...

こんばんは、nagiです。


以下、日経BPより引用。
>米Apple Computerの「Safari」のシェアが拡大したのは、2004年12月初旬にセキュリティ・アップグレードを行ったため。

[ http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/comp/362303 ]


どうもイマイチ信用できないのですが、一応報告しておきます。

2005年3月2日 20:17  
Blogger kuroyagi said...

なるほど、アップデートされず放置プレイだったMac版IE 5.0を、Safariにリプレイスしたんでしょうかね。それだけで0.3%も上がるか、という気もしますが。

しかしよくCrawlしてますね、さすが。情報ありがとうございました。

2005年3月3日 21:35  

コメントを投稿

<< SEM酒場 Home