2004/07/03

気がつけばNAVER

熊ブログに
Overture、韓国最大のポータルから契約獲得
とあったので、「おやDAUMか、なつかしいな」と詳細を見ると、Overtureのサービスを採用するのはNAVERである由。いつの間に首位が入れ替わったのかと調べてみると「ポータルサイトの優劣を左右する付加価値サービス——韓国でHOMPYが人気」という記事がひっかかった。いわく、

特に全国民の半分以上が会員と言われる無料メールとコミュニティーが中心のポータル「DAUM」は、「NAVER」に次ぐ2位に順位が下落、何か新しいサービスを取り入れなくてはとあせっている。NAVERが昨年から知識検索という会員同士の質問と答えを投稿型オープン辞書にして検索に追加したためだ。


なるほど、不勉強だった。そういえば確かに、日本のNAVERでも知識検索(知識plus)を強く訴求していた。運営元のNHN Japanは最近、積極的にプレスリリースを発行しているが、日本での知名度を考えるとつい後回しにしてしまい、自社サイトではほとんど取り上げてこなかったし、そもそも韓国市場がどうなっているのかの研究を怠っていた。今後、少しフォローしていったほうがよさそうだ。