2006/06/19

SEO スパム? と聞いてみるテスト。

SEO の超激戦キーワード「アルバイト」で検索してみる。6月18日現在、Google 1位(URL はhttp://www.froma.com/ )、Yahoo! 3位(URLは http://froma.yahoo.co.jp/)の某サイト。ぱっと見、特別なところは見受けられないが、どこが優れているのか、確認してみよう。Yahoo! JAPAN ではキャッシュへのリンクが表示されないが、Google では確認可能だ。さて、何がみえただろうか?

リダイレクト前 リダイレクト後

……そう、Google が認識しているデータと、実際に検索ユーザーの見せられるデータが異なっている。

そのトリックは head 内の
<script language="javascript">
var w1 ="lo";
var w2 ="cat";
var w3 ="ion";
var w4 ="=¥"http://www.froma.com";
var w5 ="/s/r/F100000s.jsp¥"¥;";
str = w1 + w2 + w3 + w4 + w5
eval( str );
</script>

にあるのかな(froma.yahoo.co.jp でも同じタグが記述されている)。これってわざとらしく分割してあるが、結局「location="http://www.froma.com/s/r/F100000s.jsp"」でもって、JavaScript を理解可能なUser Agent のみをリダイレクトしてるように思われるのだが。識者の見解を待ちたい。

ちなみにリダイレクト前のページにおけるbody 内の「アルバイト」の出現回数は23回、リダイレクト後のページでは6回。インデックス削除を受けた独BMほにゃららのケースと似てる気がするのは私だけか。

#「検索体験最適化」ってこういうことなんだ。ふーん。

1 Comments:

Anonymous coolweb said...

オモスロイ!

2008年7月31日 2:38  

コメントを投稿

<< SEM酒場 Home