2006/12/16

若い娘はガジェットがお好き

一発ネタ from eMarketer.com。いわゆるジェネレーションX(1965年から1976年に生まれた世代)やジェネレーションY(同1997年〜1994年)の若い女性達は、ガジェットの利用や購買においても知識があり、積極的である、という調査結果がまとめられている。

 

2点目の表からは、ジェネレーションYの女性が購買の意思決定にあたって参照するメディアとして、インターネットがその重要度を急激に高めた様子がうかがえる(2004年の16%に対して2006年には24%まで伸長)。文中のコメント、
"Marketers often target men for electronics advertising; however, they should consider broadening their approach to reach this key female consumer segment," said Jim Litwin, vice president of market insights at Vertis.
(意訳:この手の製品・サービスのマーケティングは男性をターゲットにしがちだけど、若い女性層についても考えるべきだよね)
はまあそのとおりかと。

さて、本エントリーで言及したかったのは実は記事の内容ではなくて、執筆者のDebra Aho Williamson 氏について。日本人にとっては脱力もののミドルネームもさりながら、記事タイトルとご尊顔のギャップがいい感じである。まあ「Senior」 Analyst だからアリか。

Ahoさん