2004/06/29

Local Matchに見る発想の違い

米Overture Servicesが新しい広告プログラムを開始した。
Overture、地域指定プログラム「Local Match」開始
先行するグーグル「アドワーズ広告」のローカルターゲティングと比較すると、両社の発想や姿勢の違いがうかがえて興味深い。

ローカルターゲティングはアドワーズ広告の中で機能する、いわば出稿地域制限の仕組み。これに対しLocal Matchは「スポンサードサーチ」とはまったく別個の広告プログラムとして展開される。

またアドワーズ広告のローカルターゲティングが閲覧者のIPアドレスをもとに表示を制御するのに対し、OvertureのLocal Matchは、指定されたエリアに関連する語句を自動的に拾い出し、キーワードとの組み合わせ(フレーズ)を用意し、該当のフレーズが検索された際に広告を表示するという。
(参照:SearchEngineWatch

そしてLocal Matchのもうひとつのポイントとして、広告をクリックしても直接広告主のサイトへ移動するのではなく、「Locator Page」と呼ばれる中間ページが表示される点が注目される。このページには社名(店名)や連絡先、地図などが掲載されているが、出稿者のページではなく検索ポータル側のコンテンツとして提示される。この件に関して井上俊一さんいわく

中小企業はウェブサイトを持たないのでOverutureが代わりにホスティングしてあげる必要がある。


とのことだが、これを「これまで出稿できなかった中小企業を取り込むための仕掛け」ととらえると、Local Matchの評価は変わるのではないだろうか。個人的には「iタウンページ」的な広告をYahoo!などの検索ポータル上で展開できる点、面白く感じている。

3 Comments:

Blogger kuroyagi said...

読み返してみて、まったく結論のない駄文だったため自己レス。

要は、できる限り自動化し、自己増殖するような仕組みを作ることに長けているGoogleと、ある程度ひとの手を入れることでクオリティが保てると信じるOverture(およびYahoo!)の違いが見えるのでは、ということです。巷間よくいわれることではありますが。

2004年6月30日 0:11  
Blogger haru said...

というかSEMの範疇でもサービスに幅が出てきましたよね。日本もがんばってほしいなあ。

2004年6月30日 1:02  
Blogger kuroyagi said...

> というかSEMの範疇でもサービスに幅が出てきましたよね。

SEOにせよ検索連動型広告にせよ、数多くの選択肢の中から、クライアントに最適なものをいかに提案できるか。難しいけれどやりがいのあることですね。
……あまり個人としての発言として響かないですか……

> 日本もがんばってほしいなあ。

というかあなたのところですよ! お願いしますよ!!
なんてね。トラックバックありがとう。

2004年7月1日 1:03  

コメントを投稿

<< SEM酒場 Home